最強の遊び人たち 個性を活かす、私たちを紹介 最強の遊び人たち 個性を活かす、私たちを紹介

最強の遊び人たち

「アソビコミ」のヒントは、ROLE(役割)・RULE(ルール)・TOOL(道具)の3つ。
これを巧みに仕掛けることで、子どもたちが驚くほど遊びにのめりこむ環境を作っていくのです。
手がけるのは、遊びを知り尽くした大人たち。
そう、「最強の遊び人」。
大人も夢中になれる遊びを生み出す、個性豊かな遊び人たちを紹介します。

お祭りせんせーの秘密 お祭りせんせーの秘密

遊ぶ喜びを全身で表現する、子どもに負けない元気パワーの持ち主。
どんな遊びも綿密に企画し、とことんやり抜くお祭り職人。

#1 お祭りせんせー
お祭りせんせーの秘密"

虫取りせんせーの秘密 虫取りせんせーの秘密

虫と動物をこよなく愛す、心やさしき人。
子どもの発想を活かして、自主性を伸ばすことがポリシーの生き物に詳しい虫取り名人。

#2 虫取りせんせー
虫取りせんせーの秘密"

マジカルせんせーの秘密 マジカルせんせーの秘密

だれもが夢中になれる遊びを見つける天才。
ときには子ども以上に夢中になって、多彩なアイデアを繰り出す遊びの魔術師。

#3 マジカルせんせー
マジカルせんせーの秘密"

コスプレせんせーの秘密 コスプレせんせーの秘密

イベントの装飾制作からキャラ作りまで、プロ顔負けのクオリティ。
底抜けの明るさで遊びを何十倍も面白くする名女優。

#4 コスプレせんせー
コスプレせんせーの秘密"

ガキ大将せんせーの秘密 ガキ大将せんせーの秘密

男性職員ならではの活発な遊びが得意。
“お兄ちゃん”のような存在で、子どもよりも子どものように遊ぶ、永遠の少年。

#5 ガキ大将せんせー
ガキ大将せんせーの秘密"

クッキングせんせーの秘密 クッキングせんせーの秘密

苦手なモノをおいしく食べてもらう、その熱量はだれにも負けない。
子どもたちに食べる幸せを届ける栄養士。

#6 クッキングせんせー
クッキングせんせーの秘密"
閉じる

お祭りせんせー お祭りせんせー

お祭りせんせー
勤務地
とりかい遊育園
入社年
2016年 新卒入社
趣 味
スポーツ
特 技
子どもと夢中になって遊ぶ、歌うこと

子どもに寄り添う先生の姿に憧れて

決め手となったのは、実習体験でした。緊張している私に、先生方が声をかけてくれて、他の園とは違う印象を受けましたね。実習のとある日、年長さんの一人が機嫌を損ねて暴れ始めてしまいました。「こういうときは、どう対応するんだろう…」と観察していると、その場にいた先生は叱るわけでも、諭すわけでもなく、子どもにずっと寄り添っていたんです。その姿に目を奪われ、私もこんな先生になりたいと憧れを抱きました。

一人ひとりの成長を見届けられる喜び

遊育園は、遊ぶ時間が多く、子どもたちはのびのびと過ごしています。少人数制なので一人ひとりと向き合うことができ、成長を目にできることが大きな喜びです。また異年齢の交流ができる「たてわり保育」は、さまざまな家庭環境で育つ子どもがいる中で、とても重要な時間だと感じています。小さい子の面倒をみる子どもたちの様子は、微笑ましいですよ。

自分の可能性を輝かせるきっかけをくれる園

どろんこ遊びや色水遊び、ボディペインティングなど面白いことや楽しめることを自分で自由に発想して、チャレンジできる環境があります。またキャリアステップが明確で、一人ひとりの目標を応援してくれるのも遊育園の特長。保育士として成長しながら、自分の可能性を大きく広げていくことができます。いくつかの園を実際に見て、あなたにぴったりの職場を見つけてください。

閉じる

虫取りせんせー 虫取りせんせー

虫取りせんせー
勤務地
とりかいひがし遊育園
入社年
2015年 新卒入社
趣 味
寝ること
特 技
歌うこと(弾き語り)

「ここで働きたい」と
確信した園見学

私は、遊育園の卒園生です。当時とは名前が変わっていましたが、自分の通った園だと知って見学に訪れました。お会いした先生は明るい方ばかりで、爽やかに挨拶をする姿が印象的でしたね。その場にいるだけで職場の雰囲気の良さが伝わってきて、すぐにここで働こうと決心しました。また他の園より園長先生が若かったことも、選んだ理由のひとつです。ここなら面白い保育ができるんじゃないかと、期待が膨らみました。

自分のやりたい保育を
のびのびできる面白さ

遊育園の魅力は、先生が個性を活かして、自分のやりたい保育をのびのびと実現できることです。私は、子どもたちの自主性を大切にする保育を目指していますが、他の先生は、また違った保育をされています。自分の強みを磨けることが、とてもやりがいに感じます。全体の取り組みとして、就業時間内で仕事が終わるように人員や業務が仕組み化されているので、残業もほとんどありません。そして、おいしい給食と手作りおやつも遊育園の魅力のひとつです。一度食べたら、他では働けなくなりますよ(笑)

大切なのは人としての基本!

「保育士になるなら、あれもこれもできないと…」という不安がある方、心配しないでください。ピアノや絵など苦手なことがあっても、他の先生と分担して行うなど、しっかりカバーしますよ。それよりも挨拶ができる、目をみて話すなど、社会人としての基本ができることのほうが大切だと思います。子どもたちと一緒にたくさん笑って、仕事を楽しみましょう。

閉じる

マジカルせんせー マジカルせんせー

マジカルせんせー
勤務地
みなみせんりおか遊育園
入社年
2014年 新卒入社
趣 味
テレビ鑑賞、買い物
特 技
けん玉(検定2級所持)

包み隠さず話してくれたことが
決め手に

いくつかの園の見学会に参加した中で、楽しんで仕事をしている自分をイメージできたのが遊育園でした。大人も時間を忘れるくらい「遊びこむ」というお話を聞いていましたが、本当にその通り。先生方も一緒になって遊ぶ姿が印象に残ってます。その際に先生と2人で話をする時間があり、人間関係や働き方など不安な点についても質問できました。良いところも悪いところも包み隠さず話してくれた、そこでの安心感が最終的な決め手になったと思います。

先生が夢中になる姿は
子どもにも伝染!

私たち大人も夢中になるのは、発表会など大きな行事に向けての準備も同じ。少し熱が入りすぎたかも…と思うこともありますが、先生が夢中になっていると、その姿に刺激を受けて子どもたちも一生懸命やってくれるんです。その分、本番が終わったあとの達成感は大きなもの。子どもたちの自信に満ちた表情やキラキラした笑顔を見るたびに、充実感でいっぱいになります。こうした経験を数多くできるところが遊育園の魅力ですね。

ビビッときた直感を信じること

雰囲気や仕事の様子などを実際に見て「ここで働きたい」と思えたら、ぜひその直感を信じて飛び込んで来てください。遊育園の見学会では先生と話をする時間があるので、気になることは何でも聞いてみると良いですよ。自分で企画を考え、提案する機会が多いため、向上心がある方にはピッタリの環境です。一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

閉じる

コスプレせんせー コスプレせんせー

コスプレせんせー
勤務地
鳥飼東学童デイホーム遊育園
入社年
2016年 新卒入社
趣 味
カラオケ、読書、お酒
特 技
楽器で演奏すること(フルート、クラリネット)

「不安」を「安心」に変えてくれる園の文化

就職フェアで園長先生の話を聞き、信頼できる人だと直感しました。「苦手なことがあっても、先生同士で補える職場を目指している」という言葉から、職員を大事にしているこども園だと思いましたね。学童デイホームには3年目から在籍し、それまでは保育に携わっていました。異動の打診を受けたときは自分に務まるのか心配でしたが、「必ず、先生のためになる」と背中を押していただきました。勉強の毎日の中で、その意味を強く実感しています。

試行錯誤の連続だからこそ
飽きない仕事

学童デイホームでは日々の達成感を大切に、さまざまな活動を計画します。スーパーでの買い出し体験や電車を利用したおでかけなどを行うと、お部屋での活動では気づかなかった子どもたちの個性を知ることも多いです。幼児保育との違いに戸惑うこともあり、試行錯誤の連続ですが、「新しい発見」と「気づき」の多さにやりがいを感じますね。学童デイホームでもっと学びを深め、さまざまな経験を重ねて引き出しの多い先生を目指したいと思います。

子どもが大好き!な人たちと
働く楽しさ

保育も学童も、実際に仕事をしてから学ぶことがたくさん。スキルは自然と身に付いていくので、基本を大切にしながら笑顔で取り組んでいきましょう。先輩も上司もみんなやさしく指導してくれます。子どもと関わりたい。心からそう思える方と一緒に切磋琢磨し、お互いにカバーし合っていきたいと思っています。

閉じる

ガキ大将せんせー ガキ大将せんせー

ガキ大将せんせー
勤務地
せっつ遊育園
入社年
2016年 新卒入社
趣 味
スポーツ(バレーボール、ソフトボール)、アウトドア
特 技
サッカー

自分のやりたい保育ができる充実感

自分が小さい頃は、毎日遊んで過ごしたイメージが強かったので、アソビコミに力を入れている遊育園のお話を聞いたときに、ここで仕事ができたらすごく楽しそうだと思いました。実習に参加すると、本当に遊びの時間が多いと感じました。子どもたちと仲良くなりたいと思い、言われるままに遊んでいたら、クタクタになりました(笑)。ただ、こんな風に遊ぶことが学びになるのであれば、自分のやりたいことができそう。そう強く感じて、ここで働くことを希望しました。

毎日がワクワクの連続

ただ遊んでいるようにみえても、活動にはすべて意味があります。子どもたちが成長していけるように見守ることは、思っていたよりも大変です。それでも行事や運動会などでがんばる子どもたちの姿や、目を潤ませながら見つめる保護者を見ると、この仕事を選んで正解だったと思います。僕自身も子どもたちに負けないくらい、遊びが大好きなんです。今でも、翌日の遊びを考えるときは心からワクワクします。

男性ならではのとびっきり面白い
企画を考えたい

遊育園は明るくやさしい先輩ばかり。1年目のときに一緒にクラスを持った先輩は、ピアノが苦手な僕のために毎朝練習に付き合ってくれました。男性職員が入ってきたら、アソビコミを一緒に企画したいと思ってます。男性ならではの視点と子ども目線で、とびきり面白い企画を作りましょう。

閉じる

クッキングせんせー クッキングせんせー

クッキングせんせー
勤務地
とりかいひがし遊育園
入社年
2013年 中途入社
趣 味
国内、海外旅行
特 技
クッキング

大事な成長時期を食でサポート

転職を考えていた頃、大学時代の恩師に勧められたのが遊育園でした。当時勤めていた施設が自宅から遠かったこともあり、ここなら通いやすいと思ったのが一番の理由です。実際に働き出してみると職場の環境がとても良く、遊育園を選んで良かったと思います。栄養士の仕事は、作る相手によって変わることが少なくありません。子ども向けの調理に関わることで、これまで知らなかった喜びや面白さを味わうと同時に、大切な時期の食事に関わる使命と責任を感じています。

キラキラした笑顔で食べる姿を
見届けられる幸せ

食べず嫌いや苦手なものでも、「食べよう」と思ってもらえる給食作りをしています。例えば、給食の味見を任された子どもたちが、今日の献立や食材を他の子どもたちに報告する「味見隊」、園庭にある畑で野菜を育て、収穫したものを調理する「給食作り」など、食育に関わるイベントは定期的に開催しています。また、子どもたちが満足そうに食べている姿を見ると、幸せな気持ちになりますね。保護者から作り方を教えてほしいと言われることもあり、がんばりがいのある仕事だと感じています。

あなた”らしさ”を大事にしてほしい

やるべきことから逆算して計画し、先を見ながら進めていく。調理師の仕事にはそんな特性があるため、物事を順序立てて進めることが得意な方にはとても向いていると思います。面接のときは緊張するかもしれませんが、あなたらしく臨むのが一番です。もちろん、基本的なマナーは大切ですが、恐縮しすぎることなく、しっかりと自分の意見を発信してくださいね。